トップページ > 保育内容

当園では一人ひとりの成長発達の実情を把握し、子どもの興味や関心、欲求にあった活動を進めるための保育環境を整えています。 子どもの個性を伸ばし、集団の中の一員として健やかな成長発達が図れるように保護者の方と連携をとりながら、人間性豊かな子どもに育つよう教育保育を進めています。

0歳児

1歳児

2歳児

3歳児

4歳児

5歳児

なかよしクラス

食事や午睡準備などの生活の場面では、3・4・5 歳児混合の「なかよしグループ」で過ごしています。年上の子は、年下の子の表情や仕草を読みとりながら関わり、年下の子は年上の子に親しみや憧れの気持ちをもち、モデルとしながら成長していく姿が見られます。同年齢の子どもの関わりの中では経験できない幅広い人間関係を育んでいます。

なかよしクラス

園外活動

自然は学びの宝庫

神山地区はとても自然の豊かな地域です。
なるべく地域に出かけ、身体を十分に動かし五感をフルに働かせ、様々な体験を積み重ねながら豊な感性や好奇心、探究心や思考力を培っていきます。

let`s go

お散歩マップ

池ノ上善光寺

池ノ上のお寺の善光寺にお参りに行きます。お寺についての話を聴いた後、真っ暗な回廊をめぐります。怖くても勇気をふりしぼって入って行きますが、出て来た時には自信に満ちた笑顔を見せる子ども達です。

農道でカエル観察

大好きなカエルを捕まえて「このカエルの名前何かな?」「図鑑にのっているかな」と言って調べ始めました。調べる中で「アマガエルかな?」「色がちがうよ」「ここが黒いからトノサマガエルじゃ?」と言いながら図鑑を見比べていました。

あぜ道で笹船流し

ぼくの笹船がどんどん進んでいくよ~ どこまで行くのかな~?

茶臼山

園の近くにある茶臼山に登りました。 急な坂道をがんばって歩いていくと、頂上からは越前市の街がよく見えます。 子どもたちは、「お家見えるかなぁ。」「あっ!あのお店行ったことある!!」などと話し、思い思いに景色を楽しんでいました。

水たまり遊び

雨が降った次の日、散歩に出かけると大きな水たまりを見つけました。子どもたちは、さっそく水たまりの中に入り、走り抜けたり、足ぶみをしたり、手で触ったりと水の心地良さを味わっていました。

カエルさんみーつけた

「カエルさんみーつけた!!!」 「さわってみようかな…でもドキドキ」散歩に出掛けると、生き物との出会いがいっぱいです。

給食室より

給食室よりメッセージ

乳幼児期は味覚を育て、体を作る大切な時期です。なるべく旬のものを使用し素材の旨味を子ども達に覚えてもらうために薄味を心掛けています。又、子どもの体調に応じて別に献立をたて個別に対応したり、食物アレルギー児の給食についても、園児の給食とあまり変わらないように似たようなもので代替えしたりしています。離乳食は、いろいろな食品に慣れ、バランスのとれたものになるように心掛けています。離乳食の進行状況、食品の調理方法、食べた時の状況等について、家庭との連絡を密にして進めています。

給食イメージ

調理の様子

保育参加について

当日は、親子で遊んでもらい、お子さんが興味関心を持っていることを体験してもらったり、子ども同士のかかわりや育ち合いを見ていただきます。また、保育者の働きがけや接し方などを見ていただき、保育への理解を深めてもらっています。
( 保育参加後は懇談を行い家や園での様子を伝え合い、お子さんの育ちを確認しながら今後の保育について話し合っています。)

保護者様の声

ページトップへ